Blue Season ~ in L.A.~

laninochan.exblog.jp

嵐ファンの駐在員妻が初めて挑戦する海外生活いろいろを綴っていきたいと思います

タグ:アイドル ( 11 ) タグの人気記事

過去旅に出たくなっちゃうワタクシ。
あ、もちろん動画探しの旅です。てへ。

先日の「しやがれ」のアニキゲストがさだまさし氏だったじゃないですか。
んだもんで、その後、久々にさださんの歌聴きこーかなーつって「つべ」徘徊してたんすよ。



さださんて、私が中学生の頃、松山千春氏と人気を二分してたんですよねー。
その頃って
アイドルならキャンディーズやピンク・レディ、あとは石野真子ちゃんとか榊原郁恵ちゃんだとかが人気があったのだけど、何を隠そうニューミュージックブームでもありました。
ニューミュージックって何ぞや?という方はどうじょググってみてくださいまし。
多分ね、純粋なフォークでもないんだろうなーって感じ?
なんだったんだろなー。私も子どもだったのであまり詳しくないんだけど。
深夜ラジオも流行でね。DJなんてだからこの頃、千春とかさださんとか中島みゆきとかでさー。そりゃ面白かったのよー。

それまでのアイドルがちょっと下火になったところへのたのきんブーム。そんで松田聖子・田原俊彦・近藤真彦がデビューしてさ。そして花の80(←これも間違えた。82年デビューでした。ごめんなちゃい)82年組(シブがき・中森明菜・小泉今日子・堀ちえみ・早見優…うじゃうじゃ。あたいと同年代の面々)が続くわけ。


そんなー時代もーあぁーったねとー♪なんつって
その頃の曲を片っ端から聴いてました。2日くらい。笑
さださんの「道化師のソネット」。とかさー。
あーこれ泣いたな。さださんが音楽と主演までした「翔べ、イカロスの翼」っていう映画の主題歌だったんだ。中学生だったからねー多感な頃だしねー。泣けたよー。って今でも泣きますけどね。観たらきっと。でもこれDVD化されてないんですってよ。インディーズ扱いだったんだそうよ。へー残念だなぁ。
あとねあとね、ばんばひろふみ「Sachiko」とか甲斐バンド「安奈」とかチューリップ「虹とスニーカーの頃」とかねー。あー懐かしい。村下孝蔵の「初恋」とかー。^^;あー西城秀樹がカバーしたオフコースの「眠れぬ夜」とかもよかったよ。これねー実は小田さんのより秀樹のが好きだったりするのねー。



で、ですよ。
まーそーゆー感じでいろいろ聴いてはみたんですけど…。
結局のところ行きつくところは田原俊彦さん、てことになりましてですね。ええ。

田原さんの動画、いいのはほとんど消されちゃったのよ。
だから最近は検索していなかったんだけど、やっぱりね。と。
で、見つけました。今回は98年(←間違えた><98年のわけない^^;)89年の田原さんのステージ映像がよかった。
「ごめんよ涙」です。同じ方が「98 89年シングルメドレー」というのもupして下さっていて、
ダンスだとかはそちらの方が見ごたえあるんですけど、それなんと15分位あるのね。ちょっと長い(笑)。なので興味があれば探して下ちい。


動画は今回はここにはupしませーん。だってすぐ削除されちゃうんだもん。
でも写真だけ載せとく。記念に(何の?^^;)
この頃のトシちゃんの顔が好き。
斜め横顔綺麗。立ち姿もやっぱり美しい。華がある。立ってるだけなのにな。

e0185661_18255644.jpg
e0185661_18255814.jpg
手の形ね。で手の位置がまた美しいんだってばよ。
e0185661_18261778.jpg
このポーズも好きだったよ。
e0185661_18262916.jpg
この手が好きだった。くっそ。カッコよかったのに~~~。



はーーー。
こんな素敵な田原さんだったのに。
ちなみにこの動画の田原さん、当時28歳だそうな。
ですよ、ええ。お気付き?そう、今の潤くんと同じ歳でございます。



ああ、なぜ人間は歳をとるのでせうか。
夏に昔のコトを思い出しちゃうのは
きっと切なくて儚くて甘酸っぱい季節だから…なのかもしれませんね。
[PR]
by laicchokobe | 2012-07-12 18:36 | 不思議

ニッキ王子♡

ほんともうダメです。
もうずーっと少年隊みてます。ニッキ王子にノックダウンです。
いやいや、まじ再堕ちですわ。
でも本当に忘れてたんですよね。ニッキが好きだったってこと。

もう20数年前(恐っ。苦笑)当時所属していた学内サークルの名簿に自己紹介コメント欄てのがありましてね。そこに「好きな人」なんてのを書く項目があり、私その時はっきりと「錦織一清」って書いたんですよ。今になってようやく思い出しましたよ。ええ。
ま、確か他にも一緒に「風間トオル」「田原俊彦」なんて名前も書いたような記憶もありますが、
ニッキ、その時はホントに好きだった。一番最初に名前書いた覚えがあるもん。…て、んなコトどうでもいいか^^;



先日自分でupしたニッキ王子の画像を毎日毎日ぼ~~~~~っと眺め、
動画も(好きな曲のみですが)リピが止まらず…。
前回好きな曲として挙げた曲にプラスして
やっぱり押さえとかなくちゃいかん、と、

「君だけに」
「仮面舞踏会」
「What's your name ?」
そして
「トワイライトフィーリング」

などを堪能。
でもやっぱりニッキのビジュがいいのは、いや私が好きなビジュは
「デカメロン伝説」と「君だけに」だな…なんてぶつぶつ独り言、言いながらね。(←あほです。)



でね~
やっぱりここに動画を貼りつけたくなって、どれにしよう~とかなり悩んだわけですが
どうしても「ABC」の腰(きゃ~♡♡♡)がはっきり映ってるのがいいか!…ということで
これにしてみました。
(あ…「腰」だけじゃなくてさ~、全体の映像が綺麗なのと「君だけに」(3つ目の白衣装Ver.)のニッキソロの表情がいいってのも理由ですよ。←ええい、今更言い訳など見苦しい^^;)

More
[PR]
by laicchokobe | 2011-08-07 18:47 | その他

号泣@HEY×3

そーなのだ!
ゴールデンタイムにお久しぶりのトシちゃん(田原俊彦)登場でしたのよ。



ああ、ようやくここまでやってきた。


よかったね。
よかった…。
よかった。
あなたの努力、みんな感じてるよ。わかってくれてるよ。
いろんな人が
たくさんの人たちが
あなたのコト「凄い」って言ってくれてる。
昔からのファンだけじゃないのよ。
(もちろんネットのヒト達だけでもないのよ。笑)
あなたの全盛期を全く知らないヒト達までもが
あなたのパフォーマンスに「感動した」って。
「カッコいい」って…(涙・涙…)


あ~も~ほんとーによかったな~^^
本当に嬉しいな。



泣きすぎて頭痛いんですけど~^^;
目腫れてますけど。アタクシ。

More
[PR]
by laicchokobe | 2010-12-14 18:29 | その他

GWなので

嵐ファンの皆様もお出掛けのご様子…。
なので
ちょっと嵐ネタをお休みしちゃお…^^;



え?
またですか…なんておっしゃらないで。
GWお暇な方のみどうぞ。。




More
[PR]
by laicchokobe | 2010-05-02 09:31 | その他

痩せてる!

ヤフーのトップに吉川晃司の記事。
エンタメの方には写真が掲載されてたんだけど

すご~い!

痩せてる!


数年前までは結構太っちゃってたよね。
ここのところだいぶすっきりしてきたな、とは思ってたんだけど
今日の写真には驚いた。

わたしNHK大河ドラマとか観ないから、「天地人」も当然観ていなかったの。
だから吉川晃司が織田信長役で出演していたことも知らなかったので、その頃の彼を見ていないから驚いただけなのかしら?


やっぱり痩せるとカッコいいね~。



自分最近ほんとーに太ってきた。
これまで普通に履いていたパンツにおしりがすんなり入らなくなってきたもん。

だめ~~!
人間太ってくると何にもやる気なくなるし。
どんどん老けこんじゃう。(←わたしだけ?)


痩せなきゃ。
運動しろよ~~~!!!
[PR]
by laicchokobe | 2010-03-22 17:40 | その他
たのきんつながりで。
学園ドラマです。

金八先生が終わって、たのきんトリオが結成されて…の後、放送されたもの。
う…ん?もうワタクシ高校生になっていたかしらん?いやいやまだ中学生だ。


このドラマシリーズ化されたような気もする。パート1の主題歌は田原さん。
"ハッとして!Good"のB面、"青春ひとりじめ"。
(※ここからそもそも違うらしい。記憶というものがいかに曖昧か。←いいわけ。。パート1の主題歌が石坂智子さんの"ありがとう"なんだって。そういえばそんな気がしてきた。イントロの部分、確かに映像がぼんやり浮かぶ。)

ドラマ一作目には確かにトシちゃんも出演していたのだが、その後出なくなっちゃうんだよね。
確かマッチがメインになっていったような記憶が。
ん?もしかしたら最初からマッチ主演で、トシは友情出演みたいな位置づけだったのか?


エンディングの曲は石坂智子さん。"ありがとう"。(※すみません。間違いです~汗。)
この曲ゆーちゅーぶで見つけて懐かしくって思わず聴き入ってしまいました。
自分歌詞まで覚えており、びっくりです。
爽やかですよ~。曲調も懐かしい。
TVサイズでどうぞ。





もちろんオープニングの主題歌も忘れずに。一応。
 (※↑これはパート2の主題歌なんですって。へ~そーだったか。いい加減ですな。私。ごめんなさい。なので下の映像はパート2のオープニングなのね。どうりでトシちゃんとヨッちゃんの名前ないはずだわ。おかしいと思ったのよ。←ほんとか?)







この曲好きだったー。
あーあ、気分は最高!僕たちの青春~♪(爆)
[PR]
by laicchokobe | 2010-03-19 04:47 | その他

ぽちっと…。

「最後の約束」どうしようか悩んだんだけど…。
結局ぽちっとしてしまいました。
6月だしね。
特典映像DVDとブックレットも付くって言うし。
それに5人揃ってのドラマなんて今度いつになるかわからないもんね。
そうそういいのよ。いいのいいの。(←いいのか?)買っときましょうよ。

でも欲しいもの…まだ本当はたくさんあるんだよね。
DVD&書籍関係で。
困っちゃうな。
『職業・田原俊彦』
とりあえずこれ欲しい…。日本から取り寄せたらいくらするんだろ…。倍だよなぁ。


さてと。
今日の映像は



1984年9月ザ・ベストテンより
"顔に書いた恋愛小説"
「恋愛小説」と書いて「ロマンス」と読みます。
冒頭のトークが少々長いです。歌始まりは2:39くらいから。

本当はこの映像より観たいものがある。
実家で録画した"夜のヒットスタジオ"出演時の映像だ。
これは本当に本当に素敵だった。カッコよかった。
その当時それ観て、今の嵐さん達観てる時と同じくらいキャーキャー言ってたもん。
腰つきがセクシー?エロい?んだ。この曲。ちょっぴり。
そこがまた素敵なんだよね~。
この夜ヒットの映像は動画サイトにはupされていないのよね。
残念だなぁ。
もう実家にも残っちゃいないだろうなぁ。
もう一回観たいよ。
どなたかupしてくれないかしらね~?


さてさてこの曲、田原さんの曲の中でも5本の指に入るくらい好きな曲。
以前ここにもちらっと書いたけど、この当時アイドル歌手は、夏休みの期間中「芸能人水泳大会」でお馴染み神奈川県の大磯ロングビーチにてイベント(ミニコンサート。いわゆる営業ね。)を行っていたの。今でもそういうのあるのかな?それはわかりませんが、人気アイドルに会えるってことで中高生達は結構遠くから出かけたものなんです。


昔話。長くなりそう。
ご興味があればどうぞ。。。

More
[PR]
by laicchokobe | 2010-03-18 10:19 | その他

昔のオトコ(?!)

昔の男に恋ゴコロが再燃す。
…う…恋心とはちょっと違うのかな?
何だかよくわかりませんが
「やっぱり好き!」な感じ…?には違いない。

最初におことわりしておきますが、私、正直おじさんには昔から興味ないんです。
それこそ子どもの頃から、自分と年の離れたの男のヒト(年上が嫌。年下は別にいいのよ~ホホ。)ってのが好きじゃありません。
年上の人に憧れるってことがないの。
だから、おばさん(泣)になった今でもおじさんは好きじゃない。自分と同じ歳位なら大丈夫なんだけどね。


でも。でも。やっぱり彼は別だった。
ええ、ええ、もう皆さんお気付きですね。
はいそうですそうです、ご想像通りです。

トシちゃん。やっぱり好きなんだって気がついちゃったよ。


ここ何十年も忘れてた田原俊彦の存在。
つか、もう全く興味がなくなってたもんね。
だって…今さっきお話ししましたけど、私、そもそもおっさんが好きじゃないんですもん。

ジャニーズから独立した後、トシちゃんを時々TVで見かけることはあったけど
結婚して髪も少なくなって皺もできて…と、歳をとっていく彼を観るのも悲しかったし、
番組に出ていてもどことなく空まわってる彼に、何だかガッカリしちゃったんだもの。
トシちゃんのいいところなんてすっかり忘れてしまってたんだ。
それにその頃って自分自身も仕事に恋愛に遊びにといろいろ忙しくてアイドルに夢中になっている暇もなかったわけで。

でもでも
そうなんだよ、ふと目にした先日の映像に、わたしは本当に心を揺さぶられてしまったのだ。
何だかぶわ~っと想いが甦ってきたのだよ。
もちろん映像は彼の若い頃のものだから、今現在はもうあの姿の彼はどこにもいないんだけど…。

映像を観てからのこの数日間、私は暇さえあればパソコンでいろいろと検索しまくった。
もうずーっと彼を応援しているファンの方や、最近ファンとして復活した方々のブログを見つけて覗いてみたり、私の知らない時代の彼の動画を探したり、HPやブログももちろん検索。検索。
そのうちいろんなこと思い出してきて…
もう姿かたちも気にならなくなって(笑←自分のこと棚に上げすぎ~。アンタ自分は思いっきり変わっちゃったじゃん!なのにね。)
やっぱりトシちゃん、かわいいんだ。カッコいいんだよ。男らしい素敵な人だった。
何にも変わっていない。。

ちなみにね、公式HPから彼にメールをすると、彼が気に入ったメールにはお返事をもらえてしかもブログに掲載してくれるってことがわかった。
マジですか?ありえません!昔だったら絶対絶対ありえない。そんなことあるわけもない。考えられない!!いーえ、今でも凄いことだけど、あのトシちゃんからお返事が貰えるかもしれないなんて、考えただけでも卒倒しそうよ。



まぁ、そんな状況の中、若い若い嵐さん達のことももちろん追っかけているわけで
もう生活がふわっふわな状態です。
何だか"心ここにあらず"…的なね。まさに"男にうつつを抜かす"的主婦。
パパよ、息子よ。少しの間だけ許しておくれ。
もうちょっとすれば落ち着くはず。


それにしても、やっぱりさ、自分の仕事に自信と誇りを持ってかつ一生懸命に努力しているヒトが好きだなぁ。
いつまでもぶれない、変わらない、自分自身・強い心・謙虚な姿勢。

そんなものを持つ人間だから
田原俊彦も。
そして嵐さんも。

大好きなんだよ~。


昔のオトコと今のオトコの間で
これからも 
揺らされていこうじゃないですか。


まずは痩せなきゃな。がんばろっと。。。
[PR]
by laicchokobe | 2010-03-14 21:11 | 不思議
グランプリですよ。
彼。竹本孝之。

知らないヒトいっぱいいるわね。当然だ。もう30年近く前の話(泣)。。。
でも彼はまだまだ現役の俳優さんですからね~。
TVで見かけたことはあるかも。
(自分も、かなり前だがNHKの中学生日記にも先生役で出演しているのを見かけて驚いた。)
現在の彼はこちら。

あー私が中3の時ですね。デビューは。
その頃はたのきんブーム。はい、アイドル全盛期。
結構可愛い顔してたし、背もすらっと高かったし、私も田原さんと並行して、一時期ほんのわずかの間ですが好きでした。
ただ歌い方がね~いまいち好きになれなくてあっという間に熱は冷めちゃいましたけど…。


初主演ドラマは
あだち充原作 " 陽あたり良好!"
共演は伊藤さやか。 …あ、彼女好きじゃなかった。

このドラマの彼のことは好きだったな。
やっぱりもともと俳優さんの方が合っていたのかもしれませんね。
「かーすみちゃん♪」(←相手役の名前ね)って呼びかけるとこが何故かキュンと来たんだわね。
なんでだろ。私の名前全然違うのにね。


主題歌、とっても好きだったので探してみました。
1982年"ヤンヤン歌うスタジオ"(現・テレビ東京?テレ朝?どっちだったかな??)
ひぃ~なつかしーー!

"とっておきの君"



どですかね(笑)?


追記です。
この映像最初の部分が切れてしまっているみたい。
前奏とか間奏の部分がとても好きなのに少々残念。
この曲、作詞は小椋佳さんなんですよね。作曲は馬場孝幸さんという方。
ということで(?)もし一曲通して聴いてみたいという方がいらしたらこちらをどうぞ。↓


[PR]
by laicchokobe | 2010-03-12 06:21 | その他
ここのところ、懐かしの動画探しの旅に出ています。
何だかしばらく戻れそうにない予感。どうしましょ…。


先日の田原俊彦さんの動画。かわいかったでしょ?
他にもいろいろありまして、大好きな曲のも結構あったので
ここはひとつ、昔のから順にこのブログにもupしてこ~…なんて考えていたのですが、
よくみると、ある一つの動画の再生回数がものすごいことになっているのに気がつきました。


"抱きしめてTONIGHT"  1988年7月ザ・ベストテン(TBS)での映像ですね。

「これかっこいいな~。お気に入りにいれとこ♪」つってリピっていたわけですが、
最初気付かなかったのですよ。
というのも、いろんな動画それぞれに書き込まれているコメントが本当にあたたかくってね、なにより俊ちゃんの才能や努力を認めて讃えてくれるコメントの数々が本当に嬉しくて、この"抱きしめてTONIGHT"の動画再生回数をちゃんと見てなかった。コメントもどれがどれのだったかなんて考えてなかったし。
で、ふと気が付いたらものすっごい数字!
びっくりです。この数字尋常じゃないですよね?
だからどうしてもこちらを先にupしなければと。ジャニオタとしての使命感(←何だそれ)がむくむくと(笑)…ね。


田原俊彦を知らない世代の皆様にぜひぜひ観てほしい。
当時ファンでなかった方々にもぜひもう一度観てほしい。
ジャニーズファンなら誰しも(いえいえジャニファンではなくとも)このパフォーマンスがどれだけ素晴らしいものなのか絶対わかってくれるはず。
お時間がある時にでもどうぞごゆっくりご覧ください。(←誰?)
(コメントも読んでみて頂けると嬉しいな…泣けます。ワタクシもちろん号泣です。爆)(←画面をWクリックでユーチューブ本画面に飛びます。)





脚長いよ~。
スタイル抜群なのさ。
この頃のトシちゃん、一番素敵だったかもしれない。
でもデビュー当時から変わらない、その愁いのある瞳。まなざし。
 
こんな逸材を絶頂期に葬ってしまった芸能界。
間違ってるよ。

今更ながら…悲しいです。
[PR]
by laicchokobe | 2010-03-11 08:27 | その他